フリマアプリの独自ルールと専門用語

フリマアプリでは運営が決めた以外に、一部ユーザー間で通じるローカルルールが存在します。

本来はそんなシステムはないので守る必要はありません。

が、知らずに売買してトラブルになった方が面倒です。

私も、時々ですが「専用」を作ることがあります。

人が人に売る以上、客商売ですから。

相手の都合に配慮するってのも、時には必要です。

 

この記事では、主にメルカリ・ラクマで使われている独自ルールと専門用語を説明します。

 

スポンサーリンク

納得のいく独自ルールと専門用語

独自ルールには、

「いやいや、そんなシステムないし!」

と思えるものと、

「まあ、システムに無いけど、しょうがないかな。」

って思えるものがあります。

 

まずは、事情を考えれば、こういうルールが出来るのも理解できるという独自ルールです。

(理解できても、応じるかは自己判断でお願いします。)

 

 

「専用出品」

「専用」「専用ページ」とも言います。

 

メルカリ・ラクマは、基本的に購入は早い者勝ちです。

ですので、「○○様専用」と商品タイトルを変えて、「その人以外は買わないでください」と他のユーザーに明示する方法です。

購入者側から、専用にするようにお願いされる場合と、出品者が進んで専用にする場合があります。

 

出品者が進んで専用にする理由は、

例えば、コメントで値下げ交渉が成立したとします。

出品者は価格を変更しますが、購入者がすぐに気づいて買うとは限りません。

仕事や授業の合間にチェックしている人が、ほとんどですから。

なので、値下げ交渉を成立させた人が買えるように、「○○様専用」とタイトルを変えておくのです。

私も、ごくごくたま~に、「専用」を作ります。

 

ちなみに、値下げ交渉した人以外が買うことは「横取り」と呼ばれています。

注意してください。

「横取り」でも、フリマアプリのシステム上は一番最初に購入ボタンを押した人に売らなくてはいけません。

お断りする場合は、双方納得の上、運営にキャンセルを申し出ることになります。

 

 

「専用」の注意点がもう一つ。

「専用」変更時に、商品写真と説明が変えられた場合です。

商品自体の写真や付属品、商品の状態についての記載などがないまま買うと、違うものが届いても証拠がない状態になってしまいます。

出品者側も気を付けてくださいね。

怪しがられて、購入されずにブロックということもあり得ますから。

 

 

「即購入禁止」

「即購入不可」「購入前コメント必須」「購入前にコメントください」なども同じです。

買う前に、必ずコメントをしてください。ということ。

 

例えば、そのままの値段で買う場合、

「購入希望です。」

「はい、お願いします。」

という、手間が一つ増える、やや面倒なルールです。

 

なぜ、そんなことを言うのかというと、

一つは、他のフリマサイトにも出品しているからです。

2つのサイトで同日に売れると困るので、コメントして出品者がOK出してから買うようにしているんです。

 

もう一つの理由として、

信用できない人物からの購入を避けるためが、考えられます。

購入後、取引画面でコンタクトを取るのですが、何を言っても返信しない方が一定数います。

買ってくれたはいいが、コンビニ払いで、いつまでも支払わない。

支払日も教えてくれない。

発送したけど、受け取り評価をしてくれない。

こういうトラブルは、一定期間過ぎれば運営に連絡して対応してもらえます。

が、一定期間の間やきもきした気持ちで、ストレスになります。

そういう、コミュニケーションを取らないユーザーを避けるために、購入前コメントを欲しがる人もいます。

 

ちなみに私は、過去に支払わない、受け取り評価しない、両方に当たったことがあります。

が、購入前コメントは面倒なので要らないとしています。

そういう輩は取引後、ブロックで対応。そういう輩は多くないですし、ほとんどは善良な方たちですから(^^)

 

 

「即購入可」

前述の「即購入禁止」に対して、コメントなしで購入を促すのに使われます。

「即購入OK」「即買い可」「コメントなし購入OK」などの表現があります。

商品説明に記載がなくても、プロフィールに書いてある場合もあります。

 

 

「確認用ページ」

写真が4枚しか載せられないため、商品のキズや汚れの状態が載せきれない時に使われます。

写真アプリで合成することもできますが、一つ一つの画像が小さくて確認しにくいですからね。

仕方ないかな、と思います。

「確認用ページ」は、キーワードを設定して検索してもらうようにします。

 

 

使わない方がいい独自ルールと専門用語

よく見るけど、使わない方がいいです。

その方が、売れやすいです。

 

「プロフ必読」

「プロフィールを必ず読んでください」という意味。

アカウント名や、商品説明に登場します。

主に、プロフィールに注意事項が書いてますので、必ず読んから買ってください。読まずに購入してもこちらに非はありませんという主張であることが多いです。

そんなのは、商品説明に書いてください。

注意事項を毎回書くのが面倒というなら、コピペすればいいだけですから。

わざわざ購入者の手間を一つ増やすと、面倒だと思って買うのをやめる機会を与えることになります。

 

私の経験上、「プロフ必読」はトラブルメーカーが多いので、あまり購入はおススメできません。

購入前に、評価をしっかりチェックした方がいいです。

 

ただし、例外があります。

ハンドメイドや、オリジナル作品出品者の「プロフ必読」です。

この場合、プロフィールにオーダーメイドやセミオーダー、取扱い注意点などの重要事項を記載している可能性があります。チェックした方がいいですよ。

 

 

「いいね!禁止」

「いいね!不要」「買う気の無い、いいね!禁止」などもあります。

 

独自ルールで一番理不尽な、の要求です。

 

「いいね!」はフリマアプリ唯一のブックマーク機能です。

通知がうるさいなら、オフにすればいいだけのこと。

なんの目的で禁止しているか、全く理解できません。

「いいね!」が多いと期待しちゃうからとか?

その気持ちは分かりますが、通知オフにしてスルーしておくことをおススメします。

 

 

「NCNR」

「ノークレームノーリターン」の略です。

これは、法的拘束力なので、気をつけましょう。

理不尽な苦情・返品・トラブルを避けたいがために書いているんだと思います。

分かります、気持ち。私も初期の頃は書いてました(^^;)

 

今は、

「こちらの不備による苦情・返品以外は受け付けません。

不明点・疑問点はお気軽にご質問ください。

ご納得の上でご購入をお願いします。」

を、商品説明の最後に記載してます。

出品者側の不備なら、返品は受け付けなくてはいけません。

お金をいただく以上、個人とはいえ責任をもってくださいね。

 

 

私が実際に書いているプロフィールや商品説明の書き方

【必読!】売れるプロフィールの書き方!例文つき

フリマアプリで即購入される商品説明とタイトルの書き方!



  ブログランキング参加中です!
クリックで応援、お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ にほんブログ村

◆こちらの記事も読まれています