ラクマとメルカリの違いを比較!手数料だけで判断してはいけない理由!!

      2016/11/08

選択肢

フリマアプリでよく比較されるのが、「メルカリ」「ラクマ」

手数料だけ見れば「ラクマ」がいいのですけどね~。

それ以外にも、結構違いがあるんですよね。

以下に比較詳細をまとめておきます。

 

スポンサーリンク

メルカリとラクマの違い

メルカリ ラクマ
ユーザー数 2500万DL(2016年3月時点) 不明
販売手数料 10% 無料
振込手数料 1万円未満216円/1万円以上無料 1万円未満216円/1万円以上無料
振込日数 最大19日(月2回振込日固定) 最大翌々営業日
売上金振込申請期限 1年 1年
匿名配送サービス あり 無し
配送サービス らくらくメルカリ便

(A4~160サイズまで対応

サイズ別で、全国料金一律)

ラクマ定額パック

(ネコポス・宅急便コンパクトのみ

全国一律195円/380円)

ポイント メルカリ内のみのポイントあり 楽天ポイント使用可能
操作性 △(写真選択画面が使いづらい)
ブロック機能 あり なし
取引キャンセル機能

最低3日以上連絡なしで、キャンセル依頼フォーム表示。

または、運営に直接問い合わせる。

出品者側は、取引画面からキャンセル可能。

 

メルカリとラクマ、どっちがいい?

はてな

一つずつ見ていきます。

 

・ユーザー数ですが、ラクマは公表してないので不明です。

しかし、圧倒的にメルカリの方が多いです!

使ってみれば分かりますが、商品の出品数が圧倒的に多いです。

ユーザー数が多い方が売れやすいです。

一方でライバルも多いため、売るためにはタイミングが重要になってきます。

逆にラクマはライバルが少ないので、ほったらかしてても、ある日突然売れることがあります。

メルカリではどんどん検索で下にさがってしまい、定期的に出品し直さないと難しいです。

 

手数料はラクマが無料で、最大の強みでしょうね。

今後有料化するかは、5分5分といったところ。

メルカリも最初は無料でスタートし、その後有料化しました。

ラクマは手数料有料化は考えていないと言ってましたが、運営側の収入源が今のところ0です。

広告などで利益を得るかもしれませんが・・・微妙ですよね。

スマホの画面サイズで、広告出たら邪魔でしょうがないですから。

ただメルカリとの差別化をはかる最大のポイントですから、しばらくは無料が続くんじゃないかな~。

 

・振込手数料、申請期限は一緒。

申請期限は忘れやすいので注意しましょう!

 

・振込申請から入金までかかる日数は、さすがに楽天銀行運営するラクマが早いです。

とはいえ、売れなきゃ意味ないんですよね~。

 

匿名配送サービスがあるのは、メルカリの強みですね。

特にネットでは相手の素性が分からないので、住所を明かすのが怖い方、特に女性に多くいるかと思いますので。

 

・配送サービスは、らくらくメルカリ便の方が圧倒的に便利です。

全国料金一律ですので、地方住まい(特に北海道や沖縄など)の方に送る場合の送料が抑えられます。

書籍や服など軽いもの、小さい物だと郵便の方が安くすむので、出品する商品で使い分けるのも手ですね。

関連記事 → 発送方法はどうしたらいい?配送サービス料金一覧!

 

・ポイントについては、メルカリはアプリ内でのみ使えるポイントがあります。

キャンペーンや招待コード入力でもらえます。

期限は招待コードからだと6か月ですが、キャンペーンだと10日くらいのものが多いです。

ラクマのポイントは、全て楽天ポイントとして使えます。

有効期限も入手方法によりバラバラです。

その他に、クーポンもあります。キャンペーンなどで入手できます。

これは、ラクマ内で「1000円以上購入の際に300円引きになる」とか、そんな感じのです。

楽天市場やカード利用者なら、ラクマで買い物もいいですね。

 

・操作性は、個人的な感想ですが、メルカリの方が使いやすいです。

特に、商品出品時に写真を複数載せたい場合、一括で選べるメルカリが便利です。

あとは大差ないです。ほぼ一緒ですから(笑)

 

ラクマにはブロック機能がありません。

そんなに必要性はユーザー数が少ないので感じないのですが・・・。

今後ユーザー数が増えれば、無い不便かと思います。

 

・取引キャンセルの方法ですが、基本的にはどちらがいいとは言えません。

後で詳しく書きますが、とりあえず簡潔に説明します。

メルカリは購入者側も出品者側も、一定の条件を満たした場合に取引画面に「キャンセル依頼フォーム」が出ます。

それまでキャンセル不可能かといえば、そうではありません。

お問合せフォームから運営側に商品IDと事情を送り、運営側から返答を待つ形となります。

(実際に私のミスで取引キャンセルした事例をあとで書きます。)

この時、購入者・出品者の双方でキャンセルが確定していれば1日程度で取引キャンセルされます。

お互い評価をつけることはできません。

 

ラクマの場合、出品者側にキャンセルボタンがついています。

購入者側にはありません。

キャンセルボタンがあるものの、一方的なキャンセルはトラブルにしかならないので、お互いコメント欄で話し合う必要があります。

 

早く売りたい・匿名で取引したい、という方は、メルカリ。

少しでも利益を大きくしたい・楽天市場やカードを使う方は、ラクマ。

購入は、両方で商品を比べてが賢いやり方かな~と思いますね(^^)

 

安全面という点で、現在主力のフリマアプリを比較してみました。

フリマアプリ一番安全なのは?メリットとリスクを知って賢く使いこなせ!

 

 

もし、これからラクマに登録しようというのでしたら、よろしければ私の招待コード

7Maup0w9

をお使いください。

私とあなたに、100ポイント入ります(^^)

 

メルカリは、こちら

MRECMN

私とあなたに、300ポイント入ります(^^)

 



  ブログランキング参加中です!
クリックで応援、お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ にほんブログ村

 - メルカリ, ラクマ, 体験期・レビュー ,