【ラクマ】購入前申請とは?「なし」の方が売れやすい?

フリマアプリの中でも、ラクマ独自のシステムが「購入前申請」

ブロック機能の代わりのようなものです。

では、具体的にどんなシステムなのか、説明します。

 

「購入前申請」とは?

ラクマの独自機能である「購入前申請」。

これは、ラクマで購入者が商品を買う時に、「買いたいです」と出品者に伺うことを強制する仕組みです。

 

購入前申請の有無は、出品時に出品者が設定できます。

 

購入前申請「あり」に設定されると、商品画面の写真右下に何も表示されません。

「なし」に設定している場合のみ、商品画面右下にピンクの文字で「すぐに購入可」と表示されます。

 

購入前申請「あり」の場合、購入すると「商品の購入前申請」画面に移動します。

ここで購入前申請をし、承認されれば代金を支払うことになります。

購入前申請をした段階では、まだ商品は Sold out ではなく、普通に表示されています。

つまり、他のユーザーも購入前申請できる状態です。

 

出品者は購入前申請を受けたら、翌日の23時59分までに承認するかしないかを決めます。

承認しないでいると、購入前申請はリセットされます。

出品者が承認するには、以下のように購入者を評価などから選び、選択します。

出典:フリルご利用ガイド

出典:フリルご利用ガイド

出典:フリルご利用ガイド

 

つまり、複数の購入希望者がいる場合、誰に売るかを出品者が選ぶことができます。

メルカリなどでは、基本的に最初に購入ボタンを押した人が購入できる、早い者勝ちシステムです。

その為、交渉中や○○様専用などの表示をしても、他の方に買われる、いわゆる横取りが起きることがあります。

それを防ぐことができるのが、ラクマの「購入前申請」のメリットですね。

 

また、悪い評価が多い人に売りたくない・・・って時も使えます。

購入前申請ありにしておけば、買いたい!という人の評価を見て売るか売らないか判断できます。

トラブルを避けたい、慎重に取引をしたいユーザーにとって、リスクを減らせるシステムです。

 

 

逆に、デメリットもあります。

基本的に購入前申請無しの方が売れやすいということですね。

購入前申請して、承認を待って、支払いをして、と段階を踏むと時間がかかります。

特に、ポイントの期限がギリギリの時は、購入前申請を待っていられない時がありますから。

そのため、どうしたって購入前申請なしの方が売れやすくなります。

 

 

ラクマはメルカリと違い、ブロック機能がありません。

(現在は追加されました。)

代わりともいえるのが、「購入前申請」機能なんですね。

よりトラブルを減らすため、手軽さを捨ててでも安全性を取るという方針なんでしょう。

売れるまでのスピードは落ちますが、ヤフオクやフリマアプリはちょっと怖い・・・と思っているユーザーには、ラクマがおススメですね。

簡単に売買できない分、子供や若いユーザー、悪質な転売者が少ないです。

あとは、匿名配送を完備してくれれば完璧なんですけどねぇ・・・。