またか・・・。フリマアプリの値下げ交渉で角が立たない断り方実例!

   

猫

メルカリにしろ、ラクマにしろ、フリルにしろ、

フリマアプリで出品していると、必ず通る道「値下げ交渉」。

最近は、とりあえず「値下げできますか?」とコメントしてから買うのが常識のように。

出品して10分もしないうちに、値下げ交渉してこられると参りますね(^^;)

 

優しい人ほど、断るのは苦手・・・、でも無視することもできないし・・・。

みんな、どうやって断っているんでしょうか?

いろんなパターンで「上手いな~。なるほどね。」と思ったのを探してピックアップしてみました。

値下げ交渉に悩んだら、真似してみてください(^^)

 

スポンサーリンク

フリマアプリの値下げ交渉の問題って?

フリマアプリで出品すると、「お値下げ可能でしょうか?」といったコメントがつくことがあります。

リアルのフリーマーケットでも、値段交渉はつきものですから、ある程度は企業でなく個人販売の醍醐味だと思って楽しめばいいんですが・・・。

 

困るのは、いきなり、あり得ないほどの価格で売ってくれというコメント。

メルカリ使っていると、本当に増えたと感じます。

7000円の商品に「3000円なら買います。」と、挨拶もなしにコメントされたら・・・

 

「え?何言ってんの??」

ってなりますよ、そりゃ。

 

しかし、コメントのやりとりは使用しているユーザー全てが見ています。

特に、「いいね」を押している場合、他のユーザーがコメントすると通知が来ますから。

そこで、あまりに乱暴な返事を返してしまっては、他の買おうと思ってチェックしていたユーザーも、ちょっと買いにくくなりますよね。

 

(-“-)ムカッとなっても、感情のままコメントをするのでなく、冷静に大人の対応をした方が、他のユーザーからは信頼されます。

何より、あんまり感情的に返事をすると、ブロックされたり、運営にまったく悪くないのに通報されたり、他の出品商品に嫌がらせコメントつけられたりしかねませんので。

 

次からは、実際にフリマアプリ(主にメルカリ)で見つけた値下げ交渉を、パターン別にピックアップしてみました。

※値段はキリのいい数字に変えています。

 

 

パターン①:礼儀正しく、妥当な線での値下げの提案

【5000円の商品に対して】

購入者「はじめまして。不躾にすみませんが、4500円にお値下げできないでしょうか?」

出品者「はじめまして。ちょっと難しいです。4800円ではいかがですか?」

 

妥当と思いつつ、間をとった価格を提示する。

ただし、出品から時間が経っている。「いいね」があまりついていない場合は、4500円で売っちゃった方がいいかもしれませんね。

 

私なら、Amazonのマーケットプレイス価格をチェックし、4500円で遜色なければ応じます。

 

 

パターン②:礼儀正しいけど、値引き額が大きい

【2000円の商品に対して】

購入者「コメント失礼します。1500円にお値下げ可能ですか?」

出品者「はじめまして。コメントありがとうございます。
すみませんが、ちょっと厳しいです。
お気持ち程度ですが、1900円でしたらいかがですか?」

 

無理だと思ったら、「ちょっと厳しいです。」「難しいです。」「すみませんが、お値引き致しかねます。」といった言葉で断りましょう。

この時、丁寧さ加減は相手の言葉使いに合わせるといいですよ。

 

ちなみに、交渉コメント読んでいると、2000円~3000円くらいの商品に対して、500円引きは無理!って感覚の方が多いみたいでした。

さらに手数料10%引かれますからね。

 

 

パターン③:礼儀知らずだけど、妥当な価格

【8000円の商品に対して】

購入者「7000円なら即決します。」

出品者「○○さん、はじめまして。
7000円でお譲りいたします。
他に何かご質問などはありますでしょうか?」

 

びっくりするほど丁寧な返答ですね。

その上で、何か質問はあるか?と購入者にもう一度コメントを要求しています。

礼儀のない相手の場合、コメント逃げや、専用にしてもいつまでも買わないといったパターンが考えられます。

一方で、コメントで買うといっている人がいる以上、他のユーザーは買いにくいという状況になり売れなくなってしまう最悪のパターンも。

それを避けるために、再度購入者側にコメントを求め、一定期間返事がなければコメント削除か、再出品。

または「お返事無いようなので、他の方にお譲りいたします。」など、対応がとれますからね。賢い方ですね。

 

また、値引きしてもいいけど、この人とは取引したくないなって場合は
「すみませんが、今のところ値引きは考えておりません。」と言って断りましょう。

後日、コメントは削除しておきます。

後から見た方が、値引き交渉できないと思ってしまいますので。

 

 

パターン④:礼儀がなく、大幅値引き

【1万円の商品に対して】

購入者「1000円で買います。」

出品者「○○さん、はじめまして。
すみませんが、大幅なお値引きはいたしかねます。」

 

丁寧に、きっぱり断る。

どっかのお店の店員さんですかね?サービス業経験者っぽい。

こう書けば、他のユーザーさんは「多少の値引きはありかも?」と交渉しやすいですしね。

 

値引きする気が無い場合は

「こちらの商品は、お値下げ不可でお願いいたします。」

と断り、商品説明にも同様に書いておくといいですよ。

 

 

パターン⑤:値下げできますか?

一番多く、一番困るパターンです。

 

例えば、出品間もないなら

「出品したばかりなので、少し様子をみたいと思います。」

「すみませんが、今のところはまだ値引きはかんがえておりません。」

 

交渉する気があるなら、

「○○円ではいかがですか?」

「ご希望額はおいくらでしょうか?」

「送り先によっては、お値引き可能ですが、何県でしょうか?」

「補償がなくてもよければ、郵便で送料分お安くできます。」

というパターンがありました。

 

ただ、希望額を聞いてそれより上を提示すると、8割がた「なら、今回はいいです。」と断られていました。

 

 

パターン⑥:交渉中に第三者が入ってきた!

パターン①と同じようなので、購入希望者が増えてややこしいことになっている事例がありました。

 

購入者A「はじめまして。不躾にすみませんが、4500円にお値下げできないでしょうか?」

出品者「はじめまして。ちょっと難しいです。4800円ではいかがですか?」

購入者A「ちょっと、考えさせてください・・・」

購入者B「横からすみません。4800円でしたら私が即決します!」

購入者A「すみません、やっぱり4800円でいいので、購入していいですか?」

出品者「○○さん、○○さん、すみませんが希望者がお二人になってしまったので、4800円への値引きは取り消させていただきます。
最初に提示した5000円でよければ、先に購入された方にお譲りしたいと思います。
申し訳ありません。コメントは明日、削除させていただきます。」

 

こうなると、どちらに売るか困りますよね。

どっちが買われたんでしょうか?売り切れにはなっていましたが・・・。

 

フリマアプリは基本的には早い者勝ちというルールです。

(フリルは、購入申請をして出品者の承認を受けてから買うというルールを設けています。)

 

値下げ額を提示し、購入希望者が複数現れた場合、先の人か、後から即決した人か、悩みます。

上記の例では、最初の5000円から変えずに、メルカリルールにのっとり早い者勝ちという案を提示しています。

それが無難だと思います。

もしくは、再出品するか。

もちろん、先に購入希望者に断ってからですよ。

 

私も、まだ自分でそのパターンになったことがありませんから、

もし、これより良い神対応を見つけたら、ぜひ教えて欲しいですね。

参考にしたいです(^^)

 

購入者の値下げ交渉術はこちらをどうぞ→フリマアプリで値下げ交渉のコツ!販売者が値下げしたくなるコメントとは・・・

 



  ブログランキング参加中です!
クリックで応援、お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ にほんブログ村

 - 出品のコツ ,