フリマアプリガイド

メルカリ・ラクマ・ブクマ!使っています。

発送・梱包

フリマアプリで安く送るには?発送方法の種類と料金一覧!

更新日:

フリマやオークションで「売れた~!」は、いいけど悩むのが発送方法。

できるだけ安く送りたいけど、どうしたらいい?

配送方法と料金の各社サービスをまとめました。

私がいつも配送方法を決めるときに、基準にしている考え方も書いておきます。

トラブルにならないためにも、配送方法は先に決めて出品した方がいいですよ。

 

 

発送方法の選び方を考えた時、基準となるもの

商品を送る際、一つ基準となるのが料金ですよね。

せっかく売れたんだから、できるだけ安く送りたいと思うのが人の常。

まず、発送方法選ぶ際、基準になるのが

  • 厚さ、重さ
  • 補償の有無

郵便でも宅配便でも、大きさと重さで料金が変わります。

特にポスト投函できる配送方法は厚さ制限がありますので、大きさの中でも厚さは重要です。

 

中身が数万円もするような高級品は、補償をつけるべきです。

補償については、郵便は補償がない。

その他の宅配便は30万円までの補償がある。

と覚えておいてください。

発送方法と補償(損害賠償)について、フリマアプリ利用するなら知っとくべき!!

 

 

小型荷物発送に適したサービス一覧

本やCD、化粧品など、

ちょっとした小さくて軽めの荷物は、

宅配便よりも郵便の方が安く送れます。

 

Tシャツやダウンジャケットのように、

かさばるけど軽いものも

郵便の方が安くなることがあるので、

重さは最初にチェックしましょう。

 

郵便サービス(全国料金一律)

(※2018年9月時点での料金です。)

上記のサービスは、損害補償がありません

追跡サービスがあるのは、レターパック、クリックポストのみです。

ゆうメールは、着払いも可能です。

 

注意したいのは、価格が高いもの郵便でを送る場合です。

購入者に補償がないことを事前に伝えて、了承を得た方がいいでしょう。

もしくは、最初から補償のある宅配便を利用した方がいいです。

トラブルになりやすいので。

 

私は書籍やCDは、

ほぼ、クリックポストを使っています。

クレジットカードで支払いができるので、

履歴が残って、支出管理が楽だからです。

 

料金が一律なので、

窓口で重量確認しなくても、

ポスト投函済むのも便利です。

定形外だと、窓口で料金確認してからでないと、

後から切手が足りずに戻ってくることがあるので。

 

追跡番号もありますので、

配達されたかどうかをチェックできますし。

クリックポストとは?送れる物・送れない物!到着日数と追跡サービス実例!

 

なお、定形外郵便の規格内に収まるサイズは、

クリックポストのサイズと一緒です。

ということは

重さが100g以内なら、

定形外郵便で送った方が、

クリックポストより安いですね。

 

重さが100gを超えたら、

クリックポストの方が安いということです。

 

アクセサリー、財布、化粧品といった

小さい荷物は最初に重さを計り、

100g以内かをチェックしてから出品した方がいいです。

あと、厚さが3cm以内かもチェックして。

 

重さも厚さもオーバーしたら、

宅配便か定形外郵便規格外にする。

いつも私が、配送方法を決める流れです。

 

要は、基本クリックポストで。

重ければ、宅配便。

軽ければ、定形外郵便規格外で送るってことですね。

 

 

中型以上の荷物発送に適したサービスと料金検索リンク

中型以上の大きさだと、

各フリマアプリの配送サービスが一番安いです。

 

メルカリとラクマはそれぞれ、

全国一律料金の宅配サービスがありますので。

 

ブクマ!やミンネなど、

独自の配送サービスが無い場合は、

クロネコヤマトよりゆうパックが、安い傾向にあります。

クロネコメンバーズとか、持ち込みとかでまた変わりますが。

 

営業所が近いとか、

いろんな要素で変わってくるので、

その都度調べてから、便利な方を使えばいいかと思います。

 

メルカリ・ラクマの配送サービス料金比較

 

配送サービスの使い方は、

各フリマアプリによって違うので、

リンクを貼っておきます。

 

メルカリ→らくらくメルカリ便の使い方!匿名配送の方法と注意点

ラクマ→かんたんラクマパックについて(公式サイト)

 

郵便と配送サービスの使い分けですが、

私は1Kgまでの軽いものは郵便

1Kgより重いものや、価格の高いものと割れ物は配送サービスを使っています。

 

郵便は補償が無いですし、

陸路なので沖縄や九州、北海道、離島は日数もかかります。

宅配便の方が早く届きますし、補償もついています。

 

一つ、注意点があります。

メルカリとラクマの提供する配送サービスは、

出品価格が配送価格より高くないと使えません。

 

例えば、メルカリなら300円の商品は、

宅急便コンパクト(380円)で送る設定はできません。

 

なぜなら配送サービスの料金は、

その商品の売上金から自動で差し引かれるからです。

差額がマイナスになっては、成り立たないのですね。

 

 

配送でトラブルがあったらどう対応すればいい?

フリマアプリでの売買は、

事前に発送方法を確認して、

お互いに了承を取り合うのが基本です。

 

配送トラブルの事例は多いですし、

運営側も、基本的に本人同士のやり取りで解決してくださいという姿勢です。

 

もし、購入した商品に不備があったり、

送料込みのものが着払いで来たりした場合、

受取通知はしないようにしてください。

 

受取通知をすると、販売者側に料金が支払われ、回収は難しくなります。

 

トラブルがあった場合、

まずは当人同士で話し合いをします。

 

取引画面のコメント欄でやりとりをしてください。

電話やメールで直接話してはダメです。

運営側が見れるように、

必ずアプリ内でやりとりをしましょう。

 

自分たちで解決が難しそうであれば、

運営に連絡して間に入ってもらってください。

 

 

配送トラブルで多いのは、壊れて届いたでしょう。

メルカリ便やラクマパックを使った場合、

メルカリやラクマの運営に問い合わせます。

 

直接配送業者に連絡すると、

対応してくれるケースと、

「メルカリ便はメルカリに問い合わせてください」

と言われるケースと分かれます。

 

なら、最初から運営に問い合わせて対応してもらった方が確実です。

購入者から「壊れて届いた」

と出品者に連絡があり、

出品者が運営に問い合わせる。

という流れが一番スムーズです。

 

なお、メルカリ便破損トラブルについては、

問い合わせても返答まで2〜3日はかかると思った方がいいです。

1週間以上かかることもあるらしいので。

 

 

定形外郵便で送って壊れていた場合、

補償がないため、破損を郵便局に連絡してもどうしようもないです。

 

明らかに落としたとか、ぶつけたことが分かる跡があれば、補償してくれることもありますが。

その場合でも、検証と手続きで時間と手間がかかります。

 

こうなると、購入者と出品者で話し合って折り合いをつけることが多いです。

梱包の仕方に問題はなかったのかが、争点になります。

また、事前に補償がない定形外郵便で送ることを了承してもらっているかも大事です。

話し合いでどうなるかですが、考えられるのは概ね4パターン。

  1. 全額出品者が負担し、取引キャンセルにする
  2. 全額購入者が負担し、取引を完了させる
  3. 商品を返送してもらい(送料をどちらが負担するかは話し合い)、取引をキャンセルにする
  4. 取引価格を購入者と出品者で折半する

価格が安ければ、

「1.全額出品者が負担し、取引キャンセル」

のパターンが多いかと思います。

 

破損の程度か軽けば、

「2.全額購入者が負担し、取引を完了させる」

パターンも多いのではないでしょうか。

 

いずれにせよ、話し合って決めるしかないですね。

上手くまとまらない場合、運営に連絡することになります。

 

トラブルは時間と手間がかかって疲れるだけで、いいことは1つもないです。

なるべく回避するように、高いものは補償ありの配送方法を選ぶのが無難です。

もしくは、万が一があって自分が損することになっても、この金額なら許容できるってところを決めておくとか。

 

日本の配送業の皆さんは頑張ってくれているので、滅多にないことですが。

絶対ないわけでもありません。人間だもの、落としちゃうこともありますよ。

 

こちらができることは、

梱包をしっかりすることと、

許容範囲を決め心構えをしておくことくらいです。

 

トラブルが起きても、冷静に対応できるように。

それだけでも違いますよ。

感情的になると、ますます解決しにくくなりますので。

 

-発送・梱包
-

PICK UP記事と広告

Copyright© フリマアプリガイド , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.