メルペイとは?仕組みと使い方について

メルペイとは?

メルペイは、PayPay・楽天Pay・LINEPay のような、スマホアプリを使ったキャッシュレス決済サービスです。

メルペイにお金をチャージして、電子マネーとして使用できます。

また、メルカリの売上金が、そのまま店頭でも使えるようになります。

使うには、メルカリアカウントが必要です。

メルカリアカウントは無料ですぐにつくれます。

この記事では、メルペイがどういう決済サービスなのか、仕組みと使い方について説明しています。

なぜ、メルペイができたのか?

メルペイとは、メルカリアプリを使った決済サービスです。

メルペイができたことで、メルカリの売上金をそのまま、コンビニやお店で電子マネーとして使えるようになりました。

メルペイができる前は、メルカリの売上金はいったん銀行に振込申請をして、現金化しないとコンビニなどのお店では使えませんでした。

その手間を省略したのが、メルペイです。

メルカリで不要品を売ったお金を、そのままキャッシュレス決済できるようにしたのです。

 

メルペイはメルカリの売上金のほか、メルカリのポイントも電子マネーとして使えます。

もちろん、自分のお金をメルペイにチャージして使うこともできます。

iDとしても使えるので、利用できるお店も多く、今後もどんどん増えていくことでしょう。

メルペイの特徴

メルペイは、PayPayや楽天Payとは違った特徴があります。

  • メルカリの売上金が使える
  • メルカリのポイントが使える
  • クレジットカードのように翌月へ支払いが持ち越せる(スマート払い)
  • クレジットカードがいらない
  • 本人名義の銀行口座が必要
  • ドコモの決済サービス「iD」として使える
  • チャージしたお金を口座に戻せる(手数料200円)
  • Apple Payと連携できる

スマート払いだけ、少しわかりにくいので、補足して説明します。

メルペイスマート払いとは?

メルペイはクレジットカードの登録ができません。

しかし、クレジットカードのように支払い請求額を、翌月に一括して払うことができます。

それが、メルペイの「スマート払い」という機能です。

金額上限や利用制限はありますが、銀行口座があればクレジットカード代わりにも使えるのは、メルペイだけの特徴です。

便利なだけに、使い方には気をつけるべき機能ですが。

 

メルペイの支払い方法

メルペイが使えるのは、メルペイマーク iDマークがあるお店です。

メルペイロゴiDロゴ

大手コンビニやチェーン店はほとんど使えますし、イオンやビックカメラなどでも使えます。

 

お店のレジでのメルペイ支払い方法は、3パターンあります。

  • QRコード読み取り
  • バーコード読み取り
  • iDを使う(スマホタッチ型)

QRコードを読み取る方法は、2パターンあります。

一つが、お店側が提示したQRコードを自分のスマホで読み取り、決済するタイプ

導入コストが安いので、個人店に多いです。

メルカリアプリからメルペイを開き、一番右の「読み取り」をタップして、店側が提示したQRコードをスキャンして支払います。

メルペイ画面

もう一つが、店側がQRコードかバーコードをスキャンして支払うタイプ

真ん中の「コード決済」をタップして、自分のコードを表示させてスキャンしてもらいます。

メルペイコード決済画面

 

iDで払う場合は、レジで端末にスマホをかざすだけです。

スマホタッチ決済

メルカリのポイントがある場合は、使用期限の短い順に優先して使われますので、特に私たちが何かする必要はありません。

ポイントから先に消費されるようになっています。

 

メルペイへのチャージ方法

メルペイにお金をチャージする方法は3つあります。

  • メルカリの売上金
  • 銀行口座から
  • 現金を直接(セブン銀行ATMからのみ)

メルカリの売上金は、メルペイ本人確認が済んでいれば、特になにもせずとも自動でメルペイにチャージされている状態です。

もちろん、売上金として銀行口座に入金してもらうこともできます。

その際は、金額関係なく1回につき手数料200円がかかります。

 

メルペイでは、銀行口座を登録して、オンラインで即時チャージができます。

メルペイ画面を開き、「チャージ」をタップ。

メルペイ画面

チャージ金額を決めて「チャージする」をタップして完了です。

メルペイチャージ画面

あたりまえですが、銀行口座に残高がないとチャージはできません

 

現金チャージは、セブン銀行ATMからのみ可能です。

最低チャージ金額は、1,000円から。

1日のチャージ上限額は、99,000円です。

詳しいやり方はメルペイ公式サイトにあったので、そのまま引用します。

なお、これらのメルペイ機能を全て使えるようにするには、メルペイ本人確認が必要になります。

 

ちなみに、チャージしたお金を銀行口座に戻すこともできます。

ただし手数料200円がかかります。

ポイントを銀行口座に戻すことはできません。

 

メルペイまとめ

  • メルペイはメルカリアカウントを使った、Pay系のスマホ決済サービス
  • メルカリで売ったお金が、そのまま電子マネーとして使える
  • メルカリのポイントが、そのまま電子マネーとして使える
  • クレジットカードがなくても翌月払いができる
  • メルペイを使うには、メルカリに登録する必要がある
  • メルカリは無料で登録できる
  • メルペイ機能を全て使うには、メルペイで本人確認が必要

メルペイ登録方法と、本人確認方法についてはこちら。

メルペイ登録方法メルペイ登録方法/iD設定、本人確認のやり方