【メルカリ】キャンセルのやり方と返金方法/悪い評価はつきません

メルカリは購入後のキャンセルは、原則禁止されています。

キャンセル申請フォームからキャンセルすることはできますが、まずは双方話し合いの上、合意を得たほうがいいです。

キャンセル理由によっては、ペナルティがあるかもしれません。

繰り返したり、悪質と判断されたりすると、アカウントを凍結される恐れがあります。

この記事では、メルカリでキャンセルする方法について、実体験も踏まえて、まとめています。

メルカリキャンセルの評価とペナルティ

繰り返しますが、メルカリは取引開始後のキャンセルは、原則禁止です。

しかし、何らかのトラブルにより、キャンセルが発生することもあります。

メルカリで取引がキャンセルされると、お互い評価はつきません。

出品者も購入者も、どちらかに明らかに非があるとしても、ユーザーが評価をつけることはできないようになっています。

ユーザーが裁くのではなく、運営のみが裁く権利を持つのが正常でしょうからね。

 

取引キャンセルは原則できない以上、起きれば、それはトラブルです。

メルカリ運営側がトラブル内容を判断し、ペナルティを与えることもありますが、我々利用者からは、相手にペナルティがあったかどうかわかりません。

 

メルカリ取引キャンセル体験談

私は過去に2回、取引キャンセルをしました。

1回目は私が出品者で、商品がないためのキャンセル。

明らかに、私が悪いです。

このときは相手に事情を説明し、キャンセルに合意してもらった上で、運営に私がキャンセルを申し出て、キャンセルできました。

評価は変わらず、メルカリ運営側からメールで警告を受けました。

そのまま、一部をコピペしておきます。

該当の取引は、双方の合意を確認のうえキャンセルいたしました。

※支払い済みの場合、商品代金は支払い方法に応じて、購入者に戻ります。

なお、下記行為は取引相手に迷惑となる行為です。

・販売できない商品の出品 今後同様の行為を確認した場合、警告や利用制限の対象となりますので、ご注意ください。

2015年のことなので、初犯でしたし警告で済みましたが、今は違うかもしれません。

悪質と判断されれば、初犯でもアカウント凍結の可能性があります。

 

2回目の取引キャンセル体験は、購入者が支払いをしなかったもので、取引画面にキャンセルボタンが表示されました。

キャンセルしたところ、評価をつけることはできませんでしたが、「この購入者を通報しますか?」と表示されましたね。

出品していた商品ページは「売り切れ」ではなく、「出品停止中」になっていました。

これも、2016年くらいのことなので、今は問答無料で購入者側に何らかの警告・ペナルティが課せられるのではないかと思います。

 

ちなみに、お互いに評価をつけ、取引が完了してしまっている場合、キャンセルは不可能です。

メルカリで購入した際は必ず、商品受け取り後、中身を確認してから評価をつけるようにしてください。

 

メルカリ出品者がキャンセルしたい場合

メルカリでは取引開始直後、発送前までは、取引画面にキャンセルボタンがあるのは出品者側のみです。

そのため、出品者がキャンセル申請をするのはかんたんです。

しかし、出品者の勝手な理由でキャンセルすれば、出品者側にペナルティがあるでしょう。

取引キャンセルをしたい場合、まずは相手に事情を話して合意を得ることが必要です。

相手が話し合いに応じない場合に、出品者がキャンセルをしたいなら、取引画面の申請ボタンからキャンセルできます。

 

発送前にキャンセル

取引画面の下のほうに、キャンセル申請フォームがあります。

メルカリキャンセルのやり方

タップして、キャンセル理由を入力してください。

 

キャンセル理由の詳細は、必須です。購入者側にそのまま通知されます。

メルカリキャンセルのやり方

購入者が「同意する」を選択すれば、キャンセル成立します。

「同意しない」を選択した場合、取引画面でメッセージのやり取りができなくなります。

運営が状況を判断し、結果を通知するので、待つしかないです。

 

発送後にキャンセル

商品を発送したあとに出品者がキャンセルしたい場合、まず購入者から商品を返送してもらわなくてはいけません。

返品するのに、メルカリ便および匿名配送は使えません。

取引画面からメッセージをやり取りし、返送方法や送料負担について、お互いで話し合います。

送料は、通常、非がある側が負担します。

返品不要であれば、その旨を伝え同意を得た上で、取引キャンセルをしましょう。

キャンセル申請の仕方は、発送前と同じくキャンセル申請フォームからすればいいです。

 

メルカリ購入者がキャンセルしたい場合

メルカリでは、購入者側の取引画面にキャンセル申請フォームが表れるのは、商品発送後からです。

発送前に購入者がキャンセルをしたい場合、出品者側に事情を伝え、キャンセルしてもらう必要があります。

出品者側がキャンセル申請をしたからといって、出品者にペナルティがつくわけではありません。

ペナルティはキャンセル理由によって、運営が判断します。

 

発送前にキャンセル

取引画面のメッセージから、出品者側に事情を伝えてキャンセル申請をしてもらいます。

出品者は取引画面の下にある、キャンセル申請フォームをタップ。

キャンセル理由「購入者が間違えて購入した」を選択し、詳細を入力。

メルカリキャンセルのやり方

 

購入者には、キャンセル理由の詳細と同意が送られてきます。

同意すればキャンセル成立です。

メルカリキャンセルのやり方

なお、発送期限を超えても商品が発送されなければ、購入者側の取引画面にもキャンセル申請フォームが出ます。

 

出品者がキャンセルに応じない場合

もし発送前で、出品者がキャンセルに応じてくれない場合、お問い合わせフォームから運営にキャンセル申請できます。

「マイページ」→「お問い合わせ」→「お問い合わせ項目を選ぶ」→「取引中の商品について」→「購入した商品」で、キャンセルしたい取引を選びます。

メルカリキャンセル

 

「その他」を選択。

メルカリキャンセル

 

「お問い合わせをする」を選択。

メルカリキャンセル

 

キャンセルしたい理由の詳細を書いて、「送信する」をタップ。

メルカリキャンセル

運営がキャンセルが妥当と判断されれば、キャンセルされます。

ただし、メルカリで購入した商品のキャンセルは、原則禁止です。

操作ミスであろうと、出品者に非がなく、キャンセル合意を得られなければ、購入者が責任を持って購入するのが筋でしょう。

 

発送後にキャンセル

商品発送後は、購入者側の取引画面にキャンセル申請フォームが出ます。

メルカリキャンセル

 

商品発送後に取引キャンセルする場合、届いた商品を返却後に、キャンセル手続きを取らなければなりません。

まず、取引画面からメッセージを送り、商品返却の方法を相談します。

返品するのに、メルカリ便および匿名配送は使えません。

送料は、通常、非がある側が負担します。

出品者に商品が届いたら、キャンセル申請フォームから手続きすればいいです。

キャンセル申請の際、ちょっとビビるような文言がでますが、非がなければ大丈夫です。

申請理由が正当であれば、ペナルティはありませんので。

メルカリキャンセル

 

キャンセルした商品代金の返却

購入代金は、キャンセル成立後に購入者へ返却されます。

戻し方は、支払い方法によって異なります。

メルペイ残高払い

キャンセル成立後、即時、メルペイ残高へ戻ります。

メルカリのポイント払い

ポイントで払った分は、即時、ポイントで戻ります。

コンビニ/ATM払い

支払い手数料100円を含む金額が、メルカリの売上金に戻ります。

クレジットカード払い

キャンセル成立と同時に、カード会社へ決済取り消し処理が行われます。

タイミングによって、引き落とし無しか、翌月以降にカード会社から返金されます。

携帯キャリア払い

携帯会社から返却される場合と、メルカリから売上金で返却される場合があります。

状況によって違いますので、「事務局キャンセルとなりました」の通知を確認するのがよいでしょう。

キャンセル成立と同時に、決済取り消し処理がされます。

タイミングによって、携帯会社から引き落とし無しで処理されるか、後日返却されるか、売上金で返却されます。

dポイントで支払った場合は、dポイントで返ってきますが、期限切れポイントは残念ながら返却されません。失効してしまいます。