メルカリ・ラクマで直ぐに売れる商品説明の書き方!テンプレート付き!!

フリマアプリでも、ヤフオクでも、商品説明って超大事です。 購入者は手に入れる前にお金を払うんですから。 よっぽど「欲しい!」って思わないと、1円だって払いたくないですよね。 使ってみて「欲しい!」、着てみて「欲しい!」、乗ってみて「欲しい!」じゃないんですよ。 今回は、売るための商品説明の書き方について、自分なりに工夫している部分を書き出してみました。 意識すべきは、不安がないようにすることと、ポジティブになれること、ですかね。  

商品説明に必ず記載すること

まず、最低限これだけは書いててほしい!っていう項目があります。

  1. 品番、状態
  2. 購入時期、購入場所
  3. 賞味期限、使用期限
  4. 保管方法
  5. サイズ

 

1.品番、状態について

電化製品などは型番、品番があるので載せてください。 型番が分かれば、メーカーのサイトやアマゾンなどで詳しい情報やレビューが見れます。   ブランド品でもシリアルナンバーがあるなら、載せておきましょう。 無いものもあります。無いからって偽物というわけではありません。  

2.購入時期、購入場所について

電化製品の場合は、何年製か分かるといいです。 ブランド品の場合、購入場所も分かれば信用が増します。 特にブランド物は真偽が購入者側から判定しにくいもの。 少しでも怪しいと思われたら、買う手が止まってしまいます。  

3.賞味期限、消費期限について

化粧品や食品関係は特に賞味期限、もしくは購入時期を書いてください。 気になってコメントやり取りしている内に、他にいいのが出品されて買っちゃった♪ってのは私の体験談ですが(^^;) 余計なコメントやり取りで時間を使わない方が、売れやすいです。  

4.保管方法

自宅保管です。と、一言あった方が、トラブル回避できます。 あと、ペットや喫煙者の有無も記載しましょう。 商品が相手に届いてから、クレームが来てトラブルになるケースもあります。 また、衣類の匂いや、ペットの毛は悪い評価につながります。気を付けましょう。  

5.サイズ

当たり前ですが、外形とサイズは載せてください。 色、形、大きさ、素材も分かれば欲しいです。 家具や大きいものなら、縦・横・奥行 バッグや財布などは、高さ・横幅・マチ幅・持ち手の長さ。 衣類なら、着丈・肩幅・バスト・ウエスト・ヒップなど。 表示タグの写真を載せてもいいです。    

購入者目線で考える!

さて、購入者さんたちは「どうやってあなたの商品ページまでたどり着く」のでしょうか? 大まかに、3パターンあります。

  1. ザッピング
  2. キーワード検索
  3. リピーター

  3.のリピーターになってもらうのは、フリマアプリではなかなか難しいです。 余程特徴ある品ぞろえで、それこそネットショップのような商品展開でないと、リピートして買いにはあまり来ません。 基本的には、1.ザッピング か 2.キーワード検索 で見つけてもらうことになります。   1.ザッピングで見つけてもらうには、とにかくトップ写真!そして、タイトルです。 写真についてはこちら →クリックされる写真の撮り方(準備中) タイトルについては、あとで説明します。   ここでは、2.キーワード検索で見つけてもらうために書くべきことについて! あなたがメルカリやラクマで買う時、どんなキーワードで探すでしょうか?   ブランド名だったり、具体的な商品名だったり、しますよね。 あ、ブランド名や商品名が英語の場合、必ずカタカナ表記も入れてください。 例えば、iPhoneなら「アイフォン」も。 購入者はどっちで検索するか分かりませんからね。   さて、ブランド名や商品名は、商品の基本説明でまず書くでしょう。 あとは、どんな言葉を入れますか?   私がよく使っているのは、「新品」「未使用」「未開封」「正規品」「シリアルナンバー」などの良品強調する言葉。 それと、その商品を使うシーンをイメージできるものです。 例えば、「結婚式」「ウェディング」「入学式」「フォーマル」「カジュアル」「普段使い」「お祝い」「プレゼント」「贈り物」など。   ここでもやっぱり「結婚式」「ウェディング」と同じ意味でも2つとも入るようにします。 より、検索に引っかかりやすいように、です。 それに、自分が使う姿が具体的に想像できれば、買おうと思うかもしれませんよ。   ここで1つ、注意! 関係ない検索ワードは入れないでください。 例えば、極端ですがシャツを売っているのに、「ボトムス」とか。 関係ないブランドの名前を列挙するとか。 検索の邪魔になるように、キーワードをとにかくたくさん書くと、読みづらいだけでなく検索妨害として運営に通報される可能性があります。 ブロックで済めば穏便な方ですよ・・・。    

コメントがつくマジックワード

無駄なコメントのやり取りは無い方がいいですが、時にはコメントが多くついた方が得することもあります。 それは、「いいね」が複数ついている時! 「いいね」した商品に他の誰かがコメントすると、「いいね」したみんなに通知が行きます。(オフにしてなければ) すると、買われちゃうんじゃないかと他のユーザーさんも考え始めます。 で、例えば価格交渉中でも、「その値段で私が買ってもいいですか?」となるわけです。 実際に、それで先に買われたことも、買ったこともあります(笑)   では、どうすればコメントがつきやすいか? 簡単です。 「質問、コメントはお気軽にどうぞ」 と、最後に書くだけです。   意外と、コメントってしづらいものです。 例えば、一見お洒落で覗いてみたい店があって、けど買うか分からないのに入りづらい・・・。 そんな時、入口に「どなた様もお気軽にどうぞ」って書いてあるだけで、入る勇気が出ませんか? 世の中にはシャイで人見知りな人が多くいるものです。 私もですが、特に始めたばかりの初心者はコメントすら、「こんなこと書いていいのかな・・・」と不安になっているものです。 そこへ、「買う気のないいいねお断り。欲しい人だけコメントください。」って書いてあったら、ちょっといいなと思ったくらいじゃ諦めちゃいます。   あと、最後に書くってのもポイントです。 人の脳は、最初と最後は覚えやすくできています。 最初と最後に、大事なことを書いておくといいですよ。 例えば、新品!美品!とかは最初に書き、中に基本情報。最後に「質問はお気軽にどうぞ」ってな具合です。  

売るためのタイトルの付け方

タイトルは写真の次に重要です。 あなたの商品をクリックしようと思うには、良い写真、気になるタイトルが必要なのです。   で、タイトルですがスマホで見ると、最大11文字が表示されています。 この、最初の11文字で購入者の興味を引けるかが勝負です。 大事な情報は最初に書きましょう。   例えば「送料込み」「美品」「値下げ」「新品」「おまけ付」「残り〇個」「限定」などです。  

欠点は隠さず記載すること!

中古品を売るのですから、どこか欠損があるかもしれません。 傷、シミ、汚れ、日焼け、破れなどは隠さずに商品説明欄で公開してください。 書いてないと、あとあとトラブルになります。   欠点を書く場合、言い回しをちょっと変えるだけで印象が変わります。 例えば、衣類のシミ 「袖口にシミがあります。」とシンプルに正直に書いてもいいですが 「袖口に小さなシミがあります。捲れば見えません」とか。 本なら「多少の日焼けがあります。」より 「多少の日焼けがありますが、読む分には問題ないです。」とか。   ちょっと購入者側が買うことにポジティブになれる要素をいれてあげるといいですね。  

出品用基本テンプレート

本当に基本の部分です。 必要なものを足して、使ってください。  

「商品名」 です。 ○月に購入し、2回ほど使いましたが ほとんど汚れなく、美品です(^^) メーカー: 品番: 商品名: 色: サイズ:縦  横   高さ(cm) 重さ:   発送は    を予定しております。 また、ペットや喫煙者はおりません。   ご質問、コメントはお気軽にどうぞ♪ ご納得の上で、ご購入ください。

単純なことですが、長い文章は読みやすく改行してください。 強調したい部分は【】でくくるなどしてもいいですね。   全ての商品が、これだけ細かく書かないと売れないというわけではありません。 本当に人気の品は、商品タイトルだけで売れたりします。 大事なのは、購入者側のスタンスに立って書くこと。 これができれば、まず、売れます。   この記事の内容や、テンプレートは私がだいたい使っているものです。 全てのテクニックを使わなくても、自分の商品にあったものだけ使ってみてくださいね。