フリマアプリの中で、ラクマ・フリルはなぜ手数料無料なのか?

      2016/11/08

子供 男の子 クエスチョン

フリマアプリで最も売りやすい、買いたいものが多いのは間違いなくメルカリです。

しかし、メルカリは販売手数料10%かかります。

これが、運営の収入源となっているのは、分かります。

 

では、なぜ同じフリマアプリでも「ラクマ」「フリル」は販売手数料が無料なんでしょうか?

どこで利益を得ているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

フリマアプリの熾烈な競争の歴史

さて、「ラクマ」「フリル」は楽天が運営しています。

「フリル」はもともと別の会社が運営しており、2014年にはメルカリに次ぐフリマアプリとして地位を確立していました。

その頃は、女性限定という特徴がありました。

また、ダウンロード数はメルカリより少ないものの、アクティブユーザー数はメルカリを抜いてダントツ1だったんですよね。

 

しかし、メルカリはCMもバンバン流し、ダウンロード数も拡大。

2014年9月30日までは、プレオープンとして販売手数料も無料でした。

2016年現在、販売手数料10%かかりますね。

 

それでも今や、

フリマアプリ=メルカリ という状態です。

(ちなみに、私も最初にフリマアプリの存在を知ったのはメルカリからでした。)

 

一方、フリルは2016年9月に楽天が買収を発表。

楽天傘下に入り、2016年10月1日からキャンペーンと称し、販売手数料無料にしていました。

それまでは、販売手数料はメルカリ同様10%がかかりました。

現在は女性限定から男性もOKと、大きくシフトチェンジして再起を図っています。

 

ラクマの参入は、2014年11月末頃。

スタートから2016年現在まで、ずっと販売手数料無料でメルカリとの違いをアピールしてきました。

それでも、市場規模はメルカリに及びません。

 

宣伝も、CMやりましたが、それほどテレビで見かけないですしね。

何より、既存の楽天ユーザーも「ラクマ」を知らない人が多いですから。

あまり宣伝してない印象があります。

私は8年くらいの楽天会員で、毎月楽天市場で買い物してますが、「ラクマ」を知ったのは「メルカリ」を知った後にフリマアプリについて検索かけたからです。

それくらい認知度が低いんですね。

 

なお、2016年にフリマアプリランキング3位につけていた、LINEモールが撤退しています。

一方で、○○専門のフリマアプリや、バーコード読み込みで出品できるものなど、様々なフリマアプリが出てきています。

果たして、メルカリ一強の時代はどこまで続くのでしょうか・・・?

 

 

「ラクマ」「フリル」販売手数料無料の理由は?

これには、いくつか理由が考えられます。

 

まず、販売手数料無料にしてでも、「ラクマ」「フリル」が欲しいものから、

①メルカリからユーザーを奪うため。

②ラクマ登録を通して、楽天会員を増やすため。

 

正直、販売手数料無料以外にメルカリと差をつけようがありません。

それに「ラクマ」は利用登録に楽天会員登録が必要です。

新規に楽天ユーザーを得る窓口の一つとして、捉えているのかもしれません。

 

 

次に、販売手数料無料で収入源は大丈夫なのかという点から、

①運営母体が楽天という大企業で、資金があるから。

②ユーザーが増えたら、手数料をとる考えだから。

③広告収入を考えているから。

 

今は販売手数料という大きな収入源が無い状態で、おそらく運営も赤字なのではないかと思います。

それでも、今後の成長率を考えれば投資すべき市場と考えているのでしょう。

楽天オークションも終了しましたし、それに代わるだけの収入が得られると見ているんでしょう。

 

手数料無料については、かつて楽天が「手数料をとる予定は今のところ無い」という趣旨の発言をしています。

広告収入などで考えているのかもしれません。

というか、他に思いつかない・・・。

楽天市場のバナー貼って、そっちに流すわけでもなさそうですしねぇ。

 

まあ、楽天ポイントが共通で使えるので、楽天会員の囲い込みという戦略の中の一つなのかもしれませんが。

ラクマを使うには、クレジットカードやネットバンクがあった方が便利ですし、楽天は両方運営してますしねぇ。

 

一方、フリルに関しては「フリルカード」くらいしか大きな収入源が見当たりません。

フリルポイントが貯まる、クレジットカード「フリルカード」ユーザーが増えれば収入が増えそうですが、フリルでしか使えないポイントを貯めるためのクレカを作る人が、果たしてどれだけいるのか・・・。

 

もしかしたら、「ラクマ」「フリル」統合するんじゃないかと思ってんですけど、どうでしょうね?

ダウンロード数はおそらく、

メルカリ > ラクマ > フリル

だと思うんです。

アップストアのレビュー数から考えると。

 

ただ、フリルはラクマより歴史が長く、女性ユーザーがついています。

見た目も可愛いし。

ラクマはメルカリとほぼ同じなので、統合するとしたら「フリル」ベースになるのかな?

ポイントも楽天ポイントに統合されて・・・

 

 

「ラクマ」「フリル」ユーザー数が増えないわけ

もう1年以上前だし、時効だと思うんで書いちゃいますが

私の妹が楽天の面接いった時、面接官にあることを聞かれたんですね。

 

「ラクマ、本当に広まらないんだよね。どうしたらいいと思う?」

 

就活で面接に来た大学生に聞く質問ですかね?

よっぽど、担当者の方悩んでいたんでしょうね~。

 

手数料無料なのに、どうして増えないのか?

理由は私にだって、いくつか思いつきます。

 

①宣伝が足りない。

そもそも、楽天ユーザーの私が知らないほど宣伝していないのだから当然。

 

②登録が面倒。

楽天会員にならないと使えないのは、楽天会員以外のユーザーから見たら不便。

とりわけ、フリマアプリを最も広めてくれる10代には、ハードルが高い。

 

③招待の、100ポイントが少ない。

最小出品額が300円からなのに、100ポイントだと買わずにフェードアウトしてしまう。

 

特に、キャンペーンのクーポンとか、ポイントとか、フリルレッスンとか、いろいろやっていますけど、正直面倒くさいだけで、使いにくいです。

システムが面倒くさい=ダサい。

ダサく見えちゃうと、もう使わないですよね。

特にスマホアプリなんて、洗練された最先端のものなわけですから。

 

とか言いつつ、やっぱり手数料無料は大きいので使ってますが(^^;)

まあ、メルカリやAmazonとか、数あるネット売買手段の一つとして選ばれるって大変なことですよね。

自分が使いやすい物を使えばいいでしょうし、いろいろユーザーが言うことで、使いやすい物になってくれればいいですよねぇ。

個人的には、ラクマのユーザー年齢層が高めのところが使いやすいと感じています。

メルカリは市場規模が大きい分、トラブルも多いので、ね。

特に、未成年が使いやすい環境が整っているので仕方ないですけどね。

(利用登録の手軽さ、支払いのバリエーション、匿名配送など)

 



  ブログランキング参加中です!
クリックで応援、お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ にほんブログ村

 - フリマアプリ雑記