楽天銀行のATM手数料を無料にする方法!月3000円投資すればいいよ

楽天銀行のATM手数料、高いですよね。1回216円ですもん。

でも、楽天銀行もスーパーVIPになれば、ATM手数料は月7回まで無料

ついでに楽天ポイントは3倍

スーパーVIPは条件が厳しいように思えますが、実は月3000円あればなれます。

毎月3000円、投資信託を買えばいいんです。

最初の設定さえしておけば、あとは自動で毎月3000円積立投資され、スーパーVIPが維持されます。

この最初の設定が面倒ですが、一度やってしまえばあとは自動で、さらにポイントも3倍貯まるのでめちゃめちゃお得ですよ。

楽天銀行のスーパーVIPとは?

楽天銀行にはハッピープログラムという、顧客優遇プログラムがあります。

楽天会員情報と楽天銀行口座を紐付け、楽天ポイントがもらえたり、ATM手数料が無料になったりします。

ハッピープログラムは会員ステージがあり、ステージが高くなるほど高優遇される仕組みです。

スーパーVIPになると、ATM手数料が毎月7回まで無料、楽天スーパーポイントも3倍になります。

スーパーVIPの条件を満たすには、口座残高300万円をキープしなくてはいけません。

そんなに貯金がなくても、毎月の楽天口座取引が30回以上あればスーパーVIPになれます。

例えば、他の銀行からの振込が30回あればいいわけです。

楽天証券口座があれば、3000円投資しながら毎月自動で達成できるというわけです。

 

3000円で楽天銀行のスーパーVIPになる方法

楽天銀行口座と楽天証券口座が必要です。

楽天証券口座を申し込む際は、一緒にNISAか積立NISAも申し込んでおきましょう。

投資は利益が出ると税金がかかっちゃいますので、非課税枠のNISAか積立NISAで設定しとくと楽です。

 

楽天ハッピープログラムでスーパーVIPになる方法を簡単に説明すると、

  1. 楽天銀行と楽天証券の口座をマネーブリッジでつなぐ。
  2. 楽天証券口座の残高を0にし、自動入出金(スイープ)を設定。
  3. 楽天証券の積立注文で投資信託を100円ずつ30銘柄買うように設定。

これで、楽天銀行から100円ずつ30回引き落とされ、スーパーVIPになる条件の「1月に30回の取引」を満たすことになります。

 

こんな簡単にスーパーVIPになれるなんて、楽天のミスなんじゃないかと思っちゃいますね。

皆が皆スーパーVIPになっちゃったら、この条件は変えられちゃうんじゃないでしょうか。

まあ、それまではシステム上合法的にスーパーVIPになれるので、恩恵を享受しておこうかと思います。

楽天証券口座で積立注文設定の仕方

では、もっと具体的に設定の仕方を説明します。

楽天証券はアプリもあるのですが、私はPCで利用しているのでPC画面での設定方法を説明します。

アプリを使っても画面表示が違うだけで、やってることは同じです。

 

①楽天銀行の方で、ハッピープログラムにエントリーしておきます。

②楽天証券の方から、マネーブリッジと自動入出金(スイープ)の設定をオンにします。

画面右上の「マネーブリッジ」をクリックすると、設定画面に移動します。

 

スイープの金額は、両方とも0円にしてください。

 

③積立注文をする投資信託を探す。100円×30銘柄。

この積立注文設定が、地味に時間がかかるんです。

時間に余裕のある時に、一気に30銘柄設定してしまった方がいいと思います。

なお、私は1時間くらいかかりました。

 

まず投資信託のタブをクリックして、投資信託のページに移動します。

積立注文のタブを開き、買う投資信託を探します。

投資信託は楽天証券で買えるだけでも、2000種類以上。

初めて投資する人は何を買ったらいいか、わからないかと思います。

参考までに、私が選ぶ基準にしている方法をご紹介しますね。

 

私の場合、1銘柄100円の積立という低い価格設定なので、とにかく手数料が安いものを重視しています。

投資信託というのは、簡単に言えば株などの詰め合わせセットです。

日本大手企業の株だけとか、海外のこれから伸びそうな国の企業株だけとか、一定の基準でプロが選んでみんなからお金を集めて運用します。

そのため、投資信託には手数料と管理費用がかかります。

運用基準もいろいろあり、誰が運用するかによっても手数料が変わってきます。

1銘柄あたり100円分しか買わないのなら、増減はそんなに大きく出ないはずです。

ですので、なるべく手数料が安くすむものを選べばいいかなと思ってます。

 

投信スーパーサーチを使えば、手数料が安い順に並び替えられます。

スーパーサーチをクリックすると、こんな感じでバーっと投資信託商品が出てきます。

画面左側で検索条件を設定できるので、以下の条件にチェックを入れて検索します。

  • NISA口座買付可能「対象」
  • つみたてNISA買付可能「対象」
  • 販売手数料「なし」
  • ファンドタイプ「インデックス型」

「NISA」と「つみたてNISA」はどちらか1つ、お使いの口座を選択すればいいです。画面では両方にチェック入れちゃってますけど。

 

ファンドタイプの「インデックス型」とは、日経平均とか決まった指標に連動して機械的に運用されるものです。

人があれこれ考えて運用してないので、管理費用が比較的安くなります。

 

これらの条件の下、104件まで絞られました。

これを「手数料等」タブに移動し、管理費用の安い順に並べかえます。

あとは上から順に1つずつクリックして、積立注文設定をしていきます。

 

④積立注文を設定する。

買いたい投資信託をクリックすると、詳細画面が表示されます。

私はNISAなので、「積立注文」をクリックします。

つみたてNISAの方は、右下の「つみたてNISA」表示がある方をクリックして購入します。

注文画面が表示されますので、以下の通りに設定します。

  • 引落方法を「証券口座」
  • 積立指定日は好きな日にちで
  • 積立金額を「100」円に
  • ポイント利用は「利用しない」
  • 分配金コースは「再投資型」
  • 口座の選択は「NISA」か「つみたてNISA」
  • ボーナス設定は「しない」

 

設定したら「目論見書の確認へ」をクリックします。

 

目論見書をチェックしたら、注文内容確認画面へ。

暗証番号を入力して注文を確定させれば完了です。

 

お疲れ様でした。これを30回繰り返し設定します。

やはり1時間くらいはかかるので、一気に終わらせた方がややこしくなくていいかと思います。

 

まとめ

楽天銀行スーパーVIPになると、ポイント3倍、ATM手数料は月7回無料。

 

楽天証券で毎月3000円積立投資すれば、スーパーVIPになれる。

 

投資信託100円×30銘柄の積立設定は1時間ほどかかるが、1度設定してしまえば毎月自動でスーパーVIPになる。

私は楽天カード・楽天Edyで買い物をほとんど済ませ、楽天銀行をメインバンクにし、楽天証券で地味にほったらかし投資をしています。

これだけやると、かなり楽天ポイントが貯まります。

総額で20万ポイント以上もらってました。

貯まった楽天ポイントで、また投資信託を買ったり、期間限定ポイントは楽天市場で消費してます。

かなり楽天経済圏で生きているなーと、実感しますね。

それでも楽天からするとマイルドユーザーらしいですから、楽天恐るべしですね。