【メルカリ】出品・購入にかかる手数料と注意点

手数料・・・できれば払いたくないものです。

メルカリでは、登録自体は無料で、月額使用料などはありません。

 

一方、出品して売れれば、手数料10%がかかります。

その他にも、購入にかかる手数料や、振込手数料、送料、梱包材・・・

ちょいちょいお金がかかります。

先にこれを把握してないと、売れても逆にお金がかかったり、買う時も損したりする場合があります。

この記事では、メルカリでかかる手数料と、その他お金のリスクについて説明します。

 

スポンサーリンク

【メルカリ】出品者が払う手数料

メルカリかかる手数料は、自分が出品者なのか購入者なのかで違います。

 

出品者が払う手数料

・商品が売れた時………売れた金額の10%

・売上金の振込申請額が1万円未満…210円
(1万円以上は無料)

・組み戻し手数料………630円

 

組み戻し手数料というのは、振込申請した時に口座番号などを間違え、全く違う人の口座に振り込まれてしまった場合にかかるもの。

この場合、振込手数料210円も出品者負担となるため、計840円が売上金から差し引かれます。

 

注意したいのが、販売手数料10%です。

メルカリ出品のほとんどは、送料込みの価格で出品します。

すると、送料分上乗せした価格から、手数料10%が引かれることになります。

 

例えば、1000円のTシャツに、送料が200円だったとします。

送料込みで出品すると、

(1000円+200円)×10%=120円

1200円-120円-200円=880円が利益です。

 

着払いにすると、販売手数料が100円なので、

1000円-100円=900円が利益です。

 

送料が少額だと大した差はでませんが、大きい商品だと送料で5千円~3万円くらいしますので。

大型商品は、着払いにした方が良さそうです。

 

 

【メルカリ】購入者が払う手数料

購入者の場合、支払い方法により手数料の有無が変わってきます。

 

購入者が支払う手数料

・クレジットカードの分割払い・・・カード会社による

・コンビニ払い・・・100円

・キャリア決済(携帯払い)・・・100円

・ATM払い・・・100円

 

クレジットカード、デビットカード、ポイント、売上金から支払う場合は、手数料が無料です。

クレジットカードならポイントもつくし、即時払いできるのでおススメです。

メルカリでは、VISA、Master、だけでなく、JCB も使えるのが嬉しいところです。

多分、他のフリマアプリは JCB 使えないはずですから。

 

詳しい支払方法(ATM操作など)はこちら

メルカリ公式サイト支払方法

 

 

その他にかかるお金

その他にかかるお金としては、購入者は商品代金と、着払い料金くらいです。

 

出品者には、梱包材費と送料がかかります。

送料一覧はこちら

メルカリ便の送料

配送方法と料金

 

梱包材ですが、基本的に100均で揃います。

また、通販で買った時の梱包材を取っておけば、使い回せます。

宅急便コンパクトなど、専用BOX(65円)を使うものは、その代金がかかります。

専用BOXは、使い回しできませんのでご注意を。

 

こうしてみてると、購入者に不利な部分って少ないんですね。

買い手有利というか。消費者保護の考えですね。

メルカリはやはり販売手数料10%が大きいですが、ユーザー数が多い分、売れやすいです。

他のフリマアプリも使ってますが、メルカリが一番売るのが簡単です。

 

フリマアプリ比較はこちら

フリマアプリとは?厳選10種の特徴を比較!実際に使ってみた感想

はじめてのフリマアプリ?初心者におススメするのはコレ!!

 



  ブログランキング参加中です!
クリックで応援、お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ にほんブログ村

◆こちらの記事も読まれています