フリマアプリと確定申告!20万円以上・以下で分かれる理由

フリマアプリの売上は所得税がかかるのでしょうか?

メルカリやラクマでの売上金が一年間で20万円を超えたら、確定申告が必要になるって聞いたことあるかと思います。

じゃあ、20万円以下なら関係ないのか?

この辺、ややこしいですよね。

これは、給与所得の有無、派遣やパートでも雇用形態によって変わってくるんですね。

この辺を整理して、自分が確定申告が必要なのか?

確定申告しなかったら、脱税になるのか?

今回は、その辺をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

確定申告20万円以上・以下のカベ

最初に、確定申告における「所得」について。

「所得」=「利益」-「経費」

という意味です。

例えばメルカリで20万円の売上金があるとして、送料に5千円かかっていれば、

20万円ー5千円=19万5千円

19万5千円が「所得」になります。

 

で、副業でよく言われるのは「一年間の利益が20万円以上は確定申告が必要」ってやつです。

サラリーマンでも主婦でも学生でもフリーターでも、事業届を出さずに、フリマアプリやアフィリエイトで稼いだ売上げは、「雑所得」に分類されます。

「雑所得」は20万円未満は非課税なので、20万円を超えたら原則、確定申告が必要になります。

 

 

ただし、あくまで「副業」です。

「本業」で他に収入がある場合の「雑所得」20万円以上が、確定申告が必要になる方です。

給料など他の収入がなければ、38万円までは確定申告不要になります。

なぜなら、所得は誰もが「基礎控除」として38万円までは税金がかからないからです。

 

「基礎控除38万円」ってことは、仮に収入が売上金のみで100万円なら、

100万円ー38万円=62万円 に税金が課せられるということです。

 

さらに、会社から給料をもらっている場合、「給与所得控除」が受けられます。

こちらは給料の額によって変わるのですが、最低限度額が65万円。

 

65万円+38万円=103万円

よく主婦のパートで言われる「103万のカベ」ってのはここからきてます。

(妻の年収が103万円以下なら、夫は「配偶者控除38万円」受けることができるってやつです。妻が専業主婦の場合は給与所得控除が無い「38万円のカベ」になるってことですね。)

 

ここまでをまとめると、

・会社から給料をもらっている人は、フリマアプリでの利益が20万円以上で確定申告あり。

・会社から給料をもらってない人は、フリマアプリでの利益が38万円以上で確定申告あり。

 

使う確定申告書は「確定申告書A様式」です。

「白色申告」「青色申告」で言ったら、「白色申告」の方です。

 

 

派遣やバイトでも、確定申告がいるパターン

ここで、注意点があります。

派遣社員やパート、アルバイトの方は特に気を付けてください。

自分の雇用形態が「労働契約(雇用契約)」「業務委託契約」なのか確かめましょう。

「労働契約」なら65万円の給与所得控除が受けられるんですが・・・。

 

よく勘違いされるのは、「業務委託契約」なのに気づかずに確定申告がいらないと思っているパターン。

派遣の方に多いようです。派遣の場合登録した会社によって条件が同じでも、雇用形態が違うってことがありますから要注意です。

バイトだと、塾講師とかは「業務委託契約」である場合が多いみたいです。

あと、私もやったことありますが、保険外交員はほぼ「業務委託契約」ですね。

 

見分け方は、労働契約書を読むか、年末に「源泉徴収票」が発行されるかどうかで判断できます。

 

「労働契約」なら普通のサラリーマンと同じで、「源泉徴収票」が発行されます。

この場合、雑収入20万円以下なら確定申告はいりません。

しかし、「業務委託契約」の場合は源泉徴収票はなく、「支払調書」が発行されます。

確定申告も、「基礎控除38万円」以上の収入があれば必要になります。

 

 

会社員でも確定申告がいるパターン

会社員で、副業の所得も20万円未満。

それなら、確定申告は必要ないです。

ただし、会社員でもバイトでも、2か所以上から「給料」をもらっていれば、確定申告が必要ですよ。

 

また、確定申告して各種控除を受けた方が、お得になるパターンもあります。

 

代表的なのが「医療費控除」

領収書をとっておく手間はありますが、確定申告者本人だけでなく、家族の分までまとめて受けられます。

家庭によっては、やってみると結構な金額が控除されます。

また、病院にかかった診療代や薬代以外にも、薬局の風邪薬やハリ・お灸の施術料など、意外と幅広く適用されます。

詳しくはこちらでご確認を →医療費控除の対象となる医療費

 

次に、人気の「ふるさと納税」

以下の条件さえ満たせば、確定申告はいりません。

(1)会社員
(2)年収2000万円以下
(3)給料は1カ所からしかもらっていない
(4)確定申告をする義務がない
(5)2015年にふるさと納税を行ったのは、4月1日以降である
(6)寄付した自治体の数は5カ所以下である
(7)ワンストップ特例制度を利用することを「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」で申告した

(引用:http://biz-journal.jp/2015/04/post_9605.html
さらに詳しく知りたい方は、引用元サイトが分かりやすかったですよ!)

 

あと、確定拠出年金も全額所得控除になります。

年末調整で書き忘れた方は、確定申告した方がいいですね。

 

 

確定申告をしないと、どうなるか?

メルカリなどで20万円以上の収入があるのに、確定申告をしないとどうなるのか?

バレなきゃ、どうもなりません。

けど、バレると税務調査が入り、追徴課税として本来払うべき以上の税金を払う羽目になります。

 

去年バレなかったから・・・と安心してもいられません。

税務調査は3年分まとめてやるらしいので。

 

主婦やサラリーマンの微々たる税金だから、調査に来ないし、ばれる確率も低いだろうという考えも甘いようです。

収入を得たということは、お金を払った人がいるということ。

フリマアプリなら、運営会社ですね。

ここに税務調査が入らないとも限りません。

売買管理も個人への支払も住所も名前も、全部データが残っているでしょう。

 

こういう「せどり」「アフィリエイト」への税務調査についての事例も載っている、おススメの本があります。

というか、私はこれで今書いてあることのほとんどを知りました(笑)

「税務署は3年泳がせる」(画像クリックでAmazonに飛びます。)

これ1冊で、所得税について、かなりのことが分かります。

事例で紹介してくれているので、自分に置き換えてすんなり理解できました。

まあ、脱税しても「不安」「罪悪感」「追徴課税」とリスクの方が大きいってことがよくよく分かりましたよ。

ちゃんと、確定申告した方がいいですよ!

 

 

まとめ

・会社から給料をもらっている人は、フリマアプリでの利益が20万円以上で確定申告あり。

・会社から給料をもらってない人は、フリマアプリも含む全ての所得が38万円以上で確定申告あり。

・使うのは「確定申告書A様式」

・夫が配偶者控除を受けるには、妻の雇用形態が「労働契約」か「業務委託契約」かで「103万のカベ」か「38万のカベ」か変わる。

・労働契約→源泉徴収票。

・業務委託契約→支払調書。

・2か所以上から給料をもらっていれば、確定申告が必要。

・医療費は家族まとめて控除対象。

・ふるさと納税、確定拠出年金も控除対象。

・脱税がばれると、余分に税金を払う羽目になる。

 

一度でも確定申告書を書いてみれば、いろんな控除があることが分かり勉強になりますよ。

税金の計算って面倒だし、できればやりたくないと思います。

でも、一度やってみると自分がどれだけの所得があり、控除を受けてどれくらい節税できて、どれだけ税金を払っているのか、よく分かります。

お金や税、社会政治に対しても意識変わるので、一度確定申告してみるのもいいかもしれませんよ。



  ブログランキング参加中です!
クリックで応援、お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ にほんブログ村

◆こちらの記事も読まれています