【フリル】出品方法と取引完了までの流れ

フリマアプリのフリル(FRIL)は、元が女性専用アプリでした。

そのため、ママさんや、20代、30代の女性が多いです。

女性向けの商品や、ベビーグッズが売れやすいです。

 

最初は練習がてら、自宅にある、もう使わないものを出して売ってみてください。

意外と「こんなものが売れるんだ」って思いますよ。

 

この記事では、出品から取引完了までの一連の流れと、売上金の入金方法を説明します。

 

スポンサーリンク

【フリル】出品のやり方

メルカリや楽天のラクマを使ったことがあれば、出品方法はそんなに変わりません。

写真を撮って、説明を書いて、とだいたい同じです。

ただ、フリルの特徴として「購入申請」システムがあるので、そこだけ注意ですね。

 

フリルも出品で大事なのは、準備段階です。

どうやって梱包して、どの発送方法にするのか。

先に決めておくと、スムーズに出品できます。

 

①出品前に準備すること

  • 商品とその状態
  • 配送方法
  • 送料にいくらかかるかチェック
  • 梱包材の有無

出品するのに、商品写真が必要です。

スクエアで4枚掲載できるので、TOP写真用1枚と、状態・大きさが分かる写真3枚撮ることになります。

出品画面で撮影できますが、事前にカメラアプリなどで撮って綺麗に加工しておくのもありです。

 

配送方法は未定にするより、表示してある方が安心して買えるので、売れやすくなります。

送料も「込」みの方がいいので、いくらかかるか調べておいてください。

価格に上乗せするので先に把握しないと、売れたら送料の方が高かった!という初心者あるあるが起きますのでね(^^;)

配送サービス種類と料金一覧!

 

梱包材の有無は、発送までにかかる日数に関わります。

通販を利用した時に、プチプチとか取っておくと使えます。

あとは、100均でも揃いますしね。

売れたら、なるべく早く発送した方が評価も良くなりますから、準備しておくのがいいです。

 

②出品する

実際に、出品してみます。

ホーム画面の下にあるカメラマーク「出品」をタップします。

出品画面に移動します。

 

四角を触ると、写真をアップできます。

 

写真をアップしたら、あとは、順番に埋めていきます。

 

「商品名」は、そのまま商品の名前です。

売れやすくするには、【新品】【送料無料】【非売品】【美品】などの、訴求ポイントを文頭に書いておきましょう。

後ろに書くと、見切れて表示されないことがありますので。

 

「商品の説明」は、商品の状態・サイズ・色・素材・注意点など。

ここに書かれた言葉は、「検索ワード」となり購入者が探し出す手段になります。

「子供用 110cm」とかですね。

あと、タバコとかペットの有無を気にする人、多いです。

お子さんがいると、アレルギーあるかもですしね。

「難しいな~」と思ったら、似たような出品物の説明を参考にするといいですよ。

 

「カテゴリ」を選択。

「ブランド」は任意ですが、あった方が売れやすいです。

 

「商品の状態」は、人により感じ方が違うので、難しいところ。

私は、

  • 未開封で「新品」
  • 開封後未使用で「未使用に近い」
  • キズ・汚れ無しで「目立った傷や汚れ無し」
  • ちょっとしたキズなら「やや傷や汚れあり」
  • 2か所以上キズアリなら「傷や汚れあり」
  • 壊れているなら「全体的に状態が悪い」

にしてます。あとは商品説明で詳しい状態を書くといった感じです。

 

「配送料の負担」は、基本的に送料込みの方が売れやすいです。

大きいもの、例えばテレビとかは着払いでもいいと思います。

 

「配送方法」も決めておいた方が、売れやすいです。

特に慣れているユーザーだと、追跡サービスの有無や補償の有無で選ぶこともあります。

決まってなければ、未定でも構いません。

 

「発送日の目安」は、無理のない範囲で設定しましょう。

とはいえ、早い方が売れやすいです。

今のネット通販は翌日配送がほとんど。

フリマアプリは個人売買と分かっていても、3日も発送されないと「遅いな・・・」と感じちゃいます。

 

「発送元の地域」は、都道府県を選択。

発送されてから到着するまでの、目安にされる部分です。

 

「購入申請」はフリル独自のシステムです。

詳しくはこちら→フリマアプリ【フリル】の購入申請システムとは?

 

基本的には「なし」の方が売れやすいです。

他のフリマアプリにも出品している場合は、「あり」にしておいた方が安全です。

 

「商品価格」は送料を考えて設定します。

他に同じものが出品されていれば、ちょっと安くしておくと売れやすいです。

ライバルチェック方法→相場の調べ方と売れる値段設定のコツ!

 

「確認する」をタップし、「出品する」を選べば出品完了です。

 

 

商品が売れたら

商品が売れると、通知が来ます。

プッシュ通知の有無は、「マイページ」→「設定」→「プッシュ通知の設定」で変更できます。

余計なお知らせはうるさいので、変更しておくといいですよ。

 

商品が売れると、マイページの「出品した商品」にピンクの●がつきます。

「商品を発送する」「評価をする」などの、こちら側がアクションをしなくてはいけない状態にある時、ピンクの●が付きます。

タップして「取引中」の項目に移動し、売れた商品を選択します。

取引画面に進みますので、取引メッセージを送ります。

もしくは、画面下の「お知らせ」からも取引画面に移動できます。

 

商品が売れたら、できるだけ早く取引メッセージを送ってください。

購入者からのメッセージが無くても、です。

それが社会人として常識だし、そういう人の方が信用されます。

 

メッセージの内容は

「ご購入、ありがとうございます!○日に発送予定です。よろしくお願いします(^^)」

という感じで、購入のお礼と発送予定日。

支払い前なら、「ご購入、ありがとうございます!お支払いを確認次第、準備して発送いたします。」といった感じですかね。

宅急便なら時間指定の有無を尋ねると、親切ですよね。

日にち指定は、日数がどれくらいかかるか地域によって違うので、時間指定のみ聞いておくといいです。

 

あとは梱包して、発送しましょう。

発送したら、「発送通知」を送ります。

相手が商品を受け取ると、「受取通知」が来ます。

 

最後に購入者を評価すれば、取引完了となります。

評価は3段階で「良い」「ふつう」「悪い」から選択します。

 

何もトラブルがなければ、「良い」にするのが普通です。

「ふつう」「悪い」評価をつけるのであれば、その理由も書いてください。

評価はユーザー全員が閲覧できて、出品者が信用できる人物かを判断する大事な材料です。

理由もなく「ふつう」「悪い」をつけると、返って相手から恨まれる可能性もありますし。

 

「良い」をつける場合も、一言あった方がいいです。

その方が、単純に受け取ったとき嬉しいですからね~。

「ご購入ありがとうございました」

「またご縁ありましたら、よろしくお願いします」

くらいのものでいいので。

何にも無しだと、ちょっと寂しいです・・・・。

コミュニケーションは大事ですね(^^)

 

 

売上金を受け取る方法

取引完了時点では、まだお金を「売上金」としてフリルが預かっている状態です。

「売上金」は振込申請をして、口座に振り込んでもらいます。

もしくは、フリル内での買い物に使うこともできます。

 

振込申請をする際、銀行口座の登録が必要です。

一度設定すると、2回目以降は自動的に表示されます。

 

マイページの「売上確認・振込」→「振込申請」で、銀行口座の指定画面に進みます。

 

必要項目を入力し、「振込口座を決定する」→「はい」を選択。

 

振込額を入力して、「確認内容を確認する」→「内容を確認して振込申請」で申請できます。

なお、振込手数料210円がかかります。

金額に関係なく一律です。

2017年6月26日から変更になりました。

 

申請後、振り込まれるまでの日数は申請日によります。

その都度、申請スケジュールをフリルで確認してください。

フリル公式ガイド

 

フリマアプリで出品する時に、ちょっと売れやすくするコツがあります。

今回もちょいちょい書いてますが、まとめたものがこちらです。

フリマアプリで売れるコツ!

よかったら、参考にしてください。

私が実際に行っている方法です。

 



  ブログランキング参加中です!
クリックで応援、お願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ にほんブログ村

◆こちらの記事も読まれています